2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.07 (Fri)

オナ禁と向上心 ―オナ禁60日目―

こんばんは、コンソメです。




エビオスを導入して数日が経ちましたが、

やはり導入前に比べムラムラが増大しています。

オナ禁をリセットしてしまうほど危険ではないものの、

エロ禁リセットの衝動は増えつつあります。


まぁオナ禁が多少マンネリ化した今の時期、

たまにはいい刺激かなと思っています。





さて、話は変わりますが、

オナ禁ブログを徘徊していたのですが、

一つ気付いた事があります。

(続きはブログ拍手ボタンの下にあります)

【More・・・】


それは、

オナ禁を続けている人は、

オナ禁の他にも自己啓発して自分を高めようとしている人が多い


という点です。



オナ禁ブログを見ていると、

オナ禁の継続のほかに、

食生活の改善、規則正しい生活、モテるための努力、体力増強、資格勉強、語学の習得

などなど…。


手段や目的は人それぞれですが、

心身ともに高みを目指す強い意欲をとても感じます。



特に長期オナ禁をしている(又は経験した)方や、

エロ禁を積極的に続けている方は、

多くの自己啓発手段を毎日継続しており、

非常に驚かされます。



今の自分もオナ禁以外にも自己改善法がないかと探している最中ですが、

今のままではいけない!自分を高めたい!

という意思がオナ禁する以前よりも強くなっているように感じます。



オナ禁ファイターはなぜ向上心がこれ程強いのか…?

自分のオナ禁生活を照らし合わせ、自分なりにいくつか考えてみました。






①エロ画像を見る時間から自己啓発の時間への切り替え

オナニーをするとき、エロ画像を探し、その行為にいたるまで、

基本的にかなり時間がかかると思います。


今日の最大のエロ媒体はパソコンのインターネットですから、

検索して、お気に入りを見つけて…。

その時間に相当時間がかかるのではないでしょうか?


また、汁遊びなどの自慰行為を長く続けている時間が長いほうが快楽は強くなるので、

ここで時間をさらに浪費…。


さらには、1発では飽き足らず、何発もやってしまうという人も…。


自分は今オナ禁をしているから冷静にいえますが、

「なんで自分は今までこんなことに時間を使っていたんだろう…」

と思うことがよくありますorz


この無駄な時間がオナ禁をすることで減少し、

「この時間を他の何かに充てていこう!」

という意思が強くなったのではないかと思います。






②体・脳の疲労を抑える


基本的にオナニーをする状態は、

エロにものすごい集中力を投じている行為と言えます。

お気に入りのエロ画像を気合を入れて探すのはもちろん、

実際にその画像を見てオナニーしている自分自身は真剣そのもの!

(あんな集中力を普段つかえたらなぁ…、とよく思います)


そしてフィニッシュをすれば、

射精で体力を消費し、

長期間エロ画像を凝視していた集中力が切れ、

さらにはホルモンバランスが乱れた状態に…!


この状態から気持ちを切り替え、すぐに他の作業に集中するというのは至難の技です。



これも、オナ禁をすることで無駄な体力集中力を使う機会が少なくなり、

自己啓発の手段に充てる意欲がわいてくるのではないか?

と自分では考えています。





③オナ禁効果による向上心上昇

これは最近自分がよく感じることです。



基本的な自己啓発手段は、

大変な作業で、長期間続けないと目に見える効果はなかなか現れません。


例を挙げるとすると、

語学習得などの勉強は

毎日継続的に勉強し、数百数千時間の勉強を積み上げて行わなければ、

殆ど成果は現れることはないでしょうし、

筋力トレーニングでも、

最低3ヶ月続けなければ体の改造はなかなかできません。


そして、上記の例もそうですが、基本的に自己啓発はつらい!

毎日の継続には相当の気力を必要とします。


つらくて、すぐには効果が出ないと、

「本当に効果が出るのだろうか?」

と誰もが必ず思うはずです。


そこで大抵の人は挫折してしまうように思えます。



それに対し、

オナ禁は性欲との戦いは大変ではあるものの、

オナニーさえしなければ普段通りの生活を続ければ良い

という手軽さと、

肌質の改善などのオナ禁の効果は1週間程度続ければすぐに現れることから、


自己啓発手段の中で

オナ禁はお手軽かつ効果がすぐに現れる有効な自己啓発手段だと思います。



つまり、オナ禁により効果を肌で感じ取ることができ、

さらに続ける事でオナ禁の効果は増大、

そうすれば、

続ければさらに自分を高めることはできる!

と自身を高めることができ、

他のつらい自己啓発手段でもやってみようとする意欲がわいてくるのではないか?

と考えています。






要点を挙げると以上のようになります。


これらの点から、

「オナ禁は自己啓発のスターター」

の役割を果たしているのではないでしょうか。






ちなみに、

今の自分の場合、

早起きは続いていますが他は部活などが忙しく、

体力的に疲れが多くなかなか始めることができていません。


しかし、オナ猿だった以前の自分自身と比べれば、

早起きが習慣化できただけでも劇的な進化だと思っています!


部活が再開し2週間以上経過し、

体力が以前のように戻り、疲労が少なくなりつつあるので、

今後さらなる自己啓発手段を近々導入します!



オナ禁を通じて更なる自己啓発をこれからも頑張っていこうと思います!




最後まで読んでいただきありがとうございました!
EDIT  |  21:40  |  オナ禁生存報告(~2009)  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

Comment

何か大きな事を成し遂げるには日々の積み重ねが大事である。
オナニーをするなんてもってのほか。
オナニーをすると今まで積み重ねてきたものまで崩れていくような感覚を感じるのは私だけでしょうか。

ただ性欲は人間の活動にとってなくてはならないものである。人間の活動のほとんどは性欲に支配されているといって過言ではないのでは。

かつて存在した日本の偉人たちは性欲に従順だった。
森鴎外はユタ・セクスアリスでこう述べている。
性欲は虎の様だと。飼いならしておかないと、滅亡の谷に落ちてしまうと。
また、森鴎外自身その著書に恥ずかしながらも自らのオナニー体験を述べている。
彼曰く『入れ知恵でした。頭痛がした。その後ほとんどしなかった』と。

これは多分事実だったと思う。
だから性欲を飼いならした森鴎外はあれだけの作品を残せたのだと思う。

ただ一概に言えない。あの三島由紀夫は一日に五回もオナニーをしていた頃もあると語っていた。

オナニーはいかに?



禁欲30日 |  2007.12.08(土) 09:23 |  URL |  【コメント編集】

コンソメ氏、少将昇進おめでとう。

月日が経つのは早いですな。

自分も驚いていることである。
今の日本にこれほど向上心を持って頑張ろうとしている若者がいるとは!

オナ禁は自己啓発のスターターは同感するところ。
オナ猿が一週間オナ禁をしたときの効果は目に見えて実感できる。

オナ禁によって、時間が生じ、無駄な疲労感がなくなり、向上心が上がれば、更なる高みに挑戦したくなるもの。

ただ、まだ次の段階のモデルとなるケースが実感しづらいところが辛いかな。

オナ禁から飛躍している人はたまにいるが、暗黙知的な部分が強いから自分はどうしたら良いか良く分からない時がある。

一つの成長ラインのモデルができれば、嬉しいな。

少なくとも、このブログもオナ禁ブログの域を突破しつつあるが(笑)

Garnet |  2007.12.08(土) 11:41 |  URL |  【コメント編集】

>>禁欲30日さん

自己啓発は例え始め結果が出なかったとしても、成果を信じて継続する事、
そしてオナ禁では、たとえリセットしてしまったとしても、
またできると信じて再開すると言うことが最も大切であると思います。

オナ禁も自己啓発も、
成果を信じ継続することが、
成功までの最短の方法であると自分は信じています。


性欲は自分達の生きていく上で必要不可欠なものです。
しかし、禁欲30日さんがおっしゃるように、
自分自身が性欲に支配されてはいけないと、
自分も思います。

最終的には自分が性欲をコントロールできる、
そんな人間になりたいですね!


森鴎外のような文化人も、
今の自分達の言うオナ禁をしていたとは知りませんでした。
逆に三島由紀夫はオナ猿を経験していた訳ですね(笑)

もしかするとオナ猿でも性欲をうまく利用する方法があるのかもしれませんね。


オナ禁の今後参考になるかもしれませんので、
今後この2人の文献をチェックしてみようと思います。

ご意見ありがとうございました!



>>Garnetさん

ありがとうございます!
この2ヶ月はあっという間に感じましたね。


オナ禁は確かに自己啓発のスタートダッシュには最適ですが、
Garnetさんのおっしゃる通り、
その次の段階がどうなるかが難しいところですね。

そこからどの方向に進んでいくのか(目標設定)、
そしてどのようなフォーム、ペースで行うのか(モデル)
この2つが最も大切なことなのだと思います。

目標はさることながら、
モデルも場合、真似したくなる様なメンターが身近にいればいいのですが、
大抵は自分から探していかなければなりませんね。

もしそんな人がいなかったとしても、
先人の成功哲学の本を読んでも参考になるのではないかと考えています。

これは今後の自分の大きな課題になりそうですね…。


そういえば、
最近自分のオナ禁効果を殆どブログに書いていないことに今気づきました(笑)

2ヶ月突破したということで次回の日記に
自分自身の心身の変化をまとめて書こうと思います!
コンソメ |  2007.12.09(日) 00:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。