FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.03 (Sun)

慣性 ―オナ禁20日目―

こんにちは、コンソメです。


最近は寒いですね。

僕は家に帰るとコタツでガタガタ震えております。


オナ禁の状況はというと、先週の不調とは一点安定しています。

この状態を維持し続けるように健康管理に努めたいものです。

【More・・・】


昨日、久しぶりに運動して来ました。


家から出るときは、

「寒いからやだな~」とか、「だるいな~」とか、

心のなかで文句を言いながら、なかなかスタートできなかったんですが、


体を動かしてみると、体が温まってきて、

体を動かすのが楽しくなって、さっきのイヤイヤが何だったのかというくらい楽しくなります。





物理の法則に慣性の法則があります。

この法則を簡単に言えば、

「静止していたものは静止し続け、等速で運動しているものは等速で運動し続けようとする」

という法則です。

(電車に乗っているとき、動き出したときに体が後ろに行き、ブレーキをかけると前に行く
          
 これは慣性の法則が働いている訳です。 まぁ説明するまでもないと思いますがとりあえず)

つまり力を加えなければ物の速度は変わることがないんですね。



これは人間の行動にもいえることができると思います。

例えば今回の自分の場合、

最初、自分の気持ちは「運動やりたくない~」という気持ちで占められていました。


これを物が全く動いていない状態としましょう。

物理で言えばこれはエネルギーを加えられていない「安定した状態」と言えます。

そして全ての物理法則は安定しようとします。

同じように人間も安定を求めようとします。



「運動し始めよう!」と思って運動し始めるまでには、

先ほどの自分のような気持ちや、自分自身の言い訳と戦い打ち勝つために、

大きなエネルギーが必要になると思います。


しかし、一度運動し始めるとあら不思議、

いやな気持ちが吹き飛び、集中して運動してしまうんですね。



これは重いものを動かすとき、

最初は力を入れても全く動かなかったものが、

一旦動き出すとその後は簡単に押すことができるようになる、という事と酷似しています。

(静止した物体 → がんばって動かす → 物体が動き当加速運動始める)


つまり物事も、

「面倒くさいと感じることでも、とりあえずやってみる。そうすれば案外はかどる」

と言う事なんですね。




これはオナ禁でもいえると思います。

オナ禁を始める人は最初はたいていオナ猿だった人と思いますが、

これは止まっているというよりも、負の方向、つまり逆方向に走っているといってもいいでしょう。

(つまりどんどんリセットリセットで悪循環に走っているということです)

この状態から急にオナ禁を始め、正の方向に持っていき安定させるには、

多大のエネルギーが必要になります。



それはオナ禁開始直後2週間以内に起こるリセットに駆られる衝動、

1ヶ月前に起こる反動ともいえる軽い鬱状態な訳ですね。



ここでリセットすると、結局負の状態のまま走り続け、

そこでリセットし続ければ負の方向に加速し

(もともと負に速度がついているので加速は簡単)

ハイ、元通り!(涙)となる訳です。



その反動を回避し、ある程度の月日を重ねると

(自分の場合は1ヶ月でした)

性欲は安定していきます。

物体は止まり、正の方向にやっと走り出すのです。


そうすればオナ禁は非常に簡単なものになります。

後は正の方向にひたすら押し続けるだけです。




リセットしても再び長期オナ禁できるオナ禁ファイターと、

立て続けにリセットしてしまうオナ禁ファイターの違い…

それはこの「慣性」を知っているかいないかの違いにあるのではないかと思います。



自分も今は安定しているものの、

まだムラムラが起こってリセットするかもしれない危険があり、油断を許さない状況ですが、

何とか1ヶ月を乗り切り、「慣性」を使って

安定した長期オナ禁にしていこうと思います!




長い文になってしまいましたが…最後まで読んでいただきありがとうございました!
EDIT  |  13:54  |  オナ禁生存報告(~2009)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

「慣性の法則」ですか。
記事を読んでとてもはっとさせられました。

オナ禁においてもすごく当てはまりますね。
オナ猿からオナ禁ファイターへもそうですし、
オナ禁ファイターからオナ猿へもそうですね。

毎日少しでも、前に進む力を加えていったら、今までよりも簡単に飛躍することができるだろうし、日々の暮らし方も変わるような気がします。

人間、摩擦力がなければ、時速300Kで移動も可能!
新幹線に乗っていればの話ですが。

ちょっと疑問に思ったのですが、

①効率的に前に力を加える方法(オナ禁で言えば、オナ禁を継続)

②マイナスの力を加えない方法(エロを回避やオナを回避)

③摩擦力をなくす方法(マンネリ化?)

ってどんな方法だと思いますか?

自分で考えろと言われそうですが、今日のテストが終わったばかりなので頭は活動停止中なのであしからず。

本日、4単位ゲット。また明日もテストOrz
Garnet |  2008.02.04(月) 12:28 |  URL |  【コメント編集】

>>Garnetさん

試験お疲れ様です!どこの大学も試験真っ盛りですね~。
(自分は今回試験はないので高みの見物、といった感じです。すいません…)
コピー機に長蛇の列ができるのも、この時期の風物詩といった感じですね(笑)

質問にお答えしますと、この例えで考えれば、
①の前に加わる力は、「オナ禁の効率」に比例するパラメータだと思います。
ここでの力を大きくするには、オナ禁をいかに継続できるか、
(気合、エロ禁、パソ禁、家に居ない、など)
が重要になると思います。

②の負の力は「生理的に発生する性欲」=「ムラムラ」の度合いですね。
この力を抑えるには性欲に対する生理的な対処方法
(大豆摂取、菜食中心の生活、興奮物質摂取の回避、ストレスの軽減、など)
にあたると思います。

この様に考えれば、
ムラムラが元々少ない人は、
負の力が弱ければ、あまり前に力を加えなくても前に進むので、
そこまで意識せずオナ禁を継続する事ができますし、
ムラムラが強い人は負の力が強いのでその分前にも強く押さなければならず、
当然徹底したオナ禁環境を整える必要があると思います。

③のマンネリは…自分のオナ禁をまだ極めたわけではないので確信をもった事は言えませんが、
押し方を変えてみたり、別の押すものを加えてみたりするなど、
以前Garnetさんが仰っていたギアチェンジの様な物が必要だと思います。
例えばオナ禁以外の自己啓発手段の導入など、
オナ禁意外で自分の成長を感じれるようになれば、マンネリも少なくなるのではないかと思います。
(ちなみに負の摩擦対策はオカズを飽きないように変えていけばいい…簡単ですね(汗))

もしくは、新幹線→リニアの様な抜本的対策があったらいいんですけどね…。
それは僕もわかりませんが(笑)


まぁこれで大体が説明できるのではないかと…。
あくまでも例えなので、他にも答えはあると思います。
Garnetさんもテストが一段落してからいいので、意見を聞かせていただければ嬉しいです。


最近は寒いので体調に気をつけて下さいね。
試験を無事乗り切れるよう祈っております!
コンソメ |  2008.02.05(火) 10:57 |  URL |  【コメント編集】

試験、終わりましたよ!

予定通り、28単位取れたはず。
これで、単位はほぼそろったので、来年度はニート生活に専念できるはず(笑)

オナ禁に関しては、端的に

正の力=目標に向かう力、自分に負けまいとすること、時間ができたことの喜びかな

負の力=あらゆるエロ要素。ちょっとの気持ちがだんだん重なって引き返せなくなる。

摩擦力=ストレス、マンネリ化

だと思いますよ。

オナ禁初期段階としては、正の力と負の力がぶつかり合っている感じ。

オナ禁が軌道に乗ると、正の力と摩擦力が作用している感じかな。スピードが遅くなってきたときに、負の力が一気に働く。


さらに言えば、自分が気になったのはオナ禁に限定しない場合ですね。

世の中や周りの人の中には、それほど努力しなくても成功する人がいるし、勢いに乗っている人がいる。

なぜこんなにも違うんだと嘆いていても問題は解決しませんね。

ただ、慣性の法則からみれば、勢いのある人はすでにスピードに乗っていて、摩擦力とかもなければ、スイスイ進めるわけです。

スピードに乗っていないときは大変だけれども、結局、正の力をかけ続けるしか無いのですね。
Garnet |  2008.02.09(土) 11:18 |  URL |  【コメント編集】

>>Garnetさん

試験お疲れです!かなり単位とりましたね~!

やはり単位はあらかじめ多くとっておくのに限ります!
その余った時間を何かの自己啓発に充てちゃってください(笑)

ちなみに自分は今日も学校、明日も学校です…(泣)


正の力は目標に向かう力というのには大変納得できました。
何のためにオナ禁を行うかをはっきりすることは、オナ禁継続には重要ですからね。
負の力はやはりエロですね。性欲は底なしですから、無制限に加速できるでしょう。



僕が思うに、成功している人、勢いに乗っている人は、
もう十分に加速し、加速するコツをつかんで、たとえ減速しても簡単に加速できる術を持っている人だと思うのです。

そしてあらゆるリスクに対応できる。
この例えでいえば、路面の摩擦を極力なくすように均す術も知っているのではないかと思います。


僕やたいていの人は今のところそれらの術は知りません。
ただ、今自分がその術を知るには、

①とりあえず押してみる。(努力してみる)

②そして、加速し安定してきたら、もっと簡単な押す方法がないか試してみる。
  (たいていの人は①やらずにこれをやるから失敗する)

なのかなと、自分なりに考えています。


まずは押す!押しまくりましょう!
究極の目標は光速越えです(笑)
コンソメ |  2008.02.09(土) 21:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。