FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.07 (Mon)

新しい学生生活の始まり ―オナ禁50日目―

こんばんは、コンソメです。


今日は入学式でした。

新たな学生生活の始まりです。

そして自分の専攻のオリエンテーションの後、研究室に改めて挨拶に行きました。


これから生活がどうなるかはわかりませんが、

自分のスキルアップのため、

いろいろなことに挑戦し、充実した2年間を送れる様努力しようと思います。


まずはいち早く研究室に慣れる事が先決ですね(笑)

【More・・・】



このブログをごらんになっている方は、多分多くは学生さんだと思って一言アドバイスを。


理系の場合、たとえ大学受験に失敗しても、

大学院入試で改めて、上のレベルの大学を目指し合格すれば、

最終学歴的にはその上のレベルの大学の大学院となり、

充実した研究ができ、就職にも有利に働きます。


これは俗に、「学歴ロンダリング」と言われています。

(あんまりいい感じには聞えないんですが…)



旧帝国大学をはじめとした、上の大学の理系学部は、

研究者の卵として学生を養成する拠点の中心は、

4年間の学部ではなく、大学院となっています。


他の地方国立大もそれに追随する動きがある。

日本のアカデミックな研究機関が、世界標準に合わせようとしているわけです。

実際に大企業に研究者として就職できるのは、殆どが大学院生です。


そして、それは上の大学になるほど圧倒的に有利になります。


これは、面接のときに学歴で有利になるという以前に、

企業が各大学に推薦枠を設けていて、

上の大学の枠が多くなるように設定されています。


ちなみに、僕の行く研究室の修士2年生の先輩方全員が、

推薦で就職に臨み、今の時期に内定をもらっています。



大学院入試は、大学によって日程も試験も異なりますから、

試験日さえかぶらなければ何校でも受験することが可能です。



幸い上の大学ほど、外部からの学生を受け入れています。

(ちなみに僕の大学では院生の入学者の半数は外部生です。)



どうせなら、自分の受ける大学の他にも、

充実した研究生活や、有利に就職活動を進めるためにも、

上のレベルの大学院入試にチャレンジしてはいかがでしょうか?




…今日は疲れました。

明日から始まる講義のためにも、もう寝ようと思います。


あ、なんだかんだでオナ禁50日達成してました(笑)
EDIT  |  22:06  |  オナ禁生存報告(~2009)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。